読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハログ

文系学徒

憎むぜウェイ

一年で最も好きな季節は何と訊かれて即座に答えるのは難しいが最も嫌いな季節はと訊かれると迷う事なく春と答える。その原因の999999割は花粉。

花粉が嫌いだ。厳密にいうと花粉が原因で発生する花粉症、もっと厳密にいうと花粉症に付随する鼻水、喉の痛み、鼻詰まりといった症状が嫌いだ。

今年は特に酷い。鼻水が無限に生み出される。ティッシュが無限に消費される。無限に排出したと思った鼻水が性懲りなく無限に出る。無限ループ。

 

しかしこのループがついに途切れた。

 

一昨日の朝、目覚めた時から違和感はあった。全く鼻が苦しくない。大気→肺ウェイを妨げるものが何もない。無事故。圧倒的な無事故。肺ウェイガードレールに花粉が付着していないらしいのだ。

これは慶事だ。佐々木希アンジャッシュ渡部が結婚した事なんかより1/10000倍慶事だ。これは今年もう花粉症で苦しむことはないよという神からのお告げ、仏の慈悲、キリストのお情けである。

こうなると無限にやる気が出てくる。そのやる気を勉学に生かせば良かったのに、あろうことか、僕は外を走ることに生かした。天気は曇り。肺ウェイ同様、ランウェイを邪魔するものは何もない。

しかし雨が降る。寒い。冷たい。帰りたい。しかも走ることと無縁の生活を送ってきたため肺が痛い。足が痛い。苦しい。帰りたい。僕はランウェイを引き返した。無限に思えたやる気も失せた。

そして昨日風邪を引いた。バチが当たった。寒ウェイを走ったバチ。神の裁き、仏の怒り、キリストの回し蹴りを受けて僕の体力はrun away、俺の気力もfar away、しかし進むぜmy way、say yeah

今日治ってた。ウェーイ。